ガジェット

【2020年モデル】ついにMacbook Pro13登場!【最強の副業パソコン】

【2020年モデル】MacBook Pro13インチついに発売【副業用に欲しい】

MacbookPro2020解説スクリーン

ついに2020年モデル新型MacBook Pro13インチが発売になりました!

いち課長的には、「年内に購入したい」と思っていたので、

このタイミングでの発表・即時発売は

ビッグサプライズ。

この自粛ムードでパソコン作業需要は

めちゃくちゃ上がってますよね。

そんな中、一般サラリーマンでも手を出せるパソコンとして

価格・スペックともにAppleがアップデートしてきたので解説します。

MacBook Pro13は最強の「副業」パソコン

macbook

いち課長はサラリーマンなので、

パソコンでAdobe After Effectsとか使って(あ、使えるわけじゃないです汗)

重たい動画を作り込んだりしてる人じゃないので

マシンスペックはぶっちゃけ必要ないです。

ただ、これからの副業はWEBビジネスがメインと思っているので、

パソコンのスペックには投資すべきだと思っています。

現在ブログの運営が主で、マシンスペックを求められる作業ではないですけど

これって積み重ねだと思っていて、

ブログは地味な作業の積み上げなので、

1個1個の作業時間の短縮できると、作業するほどトータルの時間が節約できるわけです。

とはいえ、ふだん重たい16インチは持ち歩けないので、

13インチのmacbookがありがたいなと笑

いち課長
いち課長
あとカフェでカッコもつくよね。MacBook Proだと

そんなわけで、

新型が副業に向いている理由

①かっこいい

②サイズが13インチと持ち運びしやすい

③価格も安くなってきた

④動画を扱えるスペック

順に解説します。

①かっこいい

MacbookPro

これはMacBookシリーズ全体に言えることですね。

「見た目は変わんないじゃん」

しかし13インチのProは、今回重要なアップデートがありました。

キーボードが「バタフライ構造」 から「シザー構造」のMagic Keyboardに変わっています。

Macbookpro-screenshot

初心者ブロガーB
初心者ブロガーB
あんまり難しいこと言われてもわかんないよ

いち課長にとってはどっちも打ちやすいのですが、

今使っている、MacBook Pro13(2017)は”カチャカチャ”と「タイプ音」がうるさいのです。

これは外でカッコよく使うためには大きな問題ですね。

カフェで周りの人にうるさくて迷惑かけてしまっては

「かっこいい」とは言えません。

というわけで、Magic Keyboardも「副業パソコン」にとって重要な要素です。

②サイズが13インチと持ち運びしやすい

macbookpro13インチと16インチ

事前のリーク情報では、インチアップするという噂があってヒヤヒヤしたのですが、

サイズ据え置きでホッとしました。

13インチの重量は1.4kg。

持ち歩くにはアダプターのことも考えるとこれがギリギリです。

いち課長
いち課長
重いと作業する前に疲れちゃうよね

③価格も安くなってきた

先日こんなツイートをしました。

今回のNew Macbook Pro13インチは

なんとメモリを32GB搭載できます。

いち課長にはオーバースペックと思われますが、

「WEBビジネスで稼ぐ」と決意したサラリーマンにとって

武器ともいうべきマシン。

向こう5年は戦えるように、スペックはモリモリにしたい。

決して安くはないですけど、オプションで第10世代のCore i7にして
32GBつんでも25万(税別)を切ってくるので、マシンパワー的には相当お買い得だと思います。

いち課長
いち課長
ノーマルモデルのPro13インチなら¥134,800(税別)から買える。もはや値段がAirと変わらない

ノーマル状態での価格を見ても

2019年のMacBookProからは値段も安くなってますね。

[jin_icon_pen]MacBook Pro 2019年モデル 139,800円  2020年モデル 134,800円(5,000円値下げ

[jin_icon_pen]MacBook Pro 2019年ハイスペックモデル 220,800円  2020年ハイスペックモデル 208,800円(12,000円値下げ

④動画を扱えるスペック

Macbookpro-screenshot

いち課長
いち課長
5Gだと2時間映画を3秒で落とせるらしい。マシンスペックはこれから大事になってくるね。

今のMacBookもi7で、ブログ運営には全然問題ナシです。

ただ動画編集をやるとなると、

メモリもなるべくたくさん積んで、チップも最新世代だと安心できます。

YouTubeでも4K動画が当たり前になってきてるので、

オプションは使用用途をよく考えて決めましょう。

Macbookpro-screenshot
いち課長
いち課長
このパワーなら、4K/60fpsの画面出力も難なくこなしてくれるはず。

MacBook Air、MacBook Pro16インチとの比較

macbook

これで同じ周回でMacBookのラインナップがそろったわけですが、

比較すると以下の通りです。

それぞれ下位モデルと上位モデルを太字にしています。

MacBook AirMacBook Pro13 Macbook Pro16
13.3インチRetinaディスプレイ13.3インチRetinaディスプレイ16インチRetinaディスプレイ

最大4コアのIntel Core i7

プロセッサ

最大4コアのIntel Core i7

プロセッサ

最大8コアのIntel Core i9プロセッサ
8GB

16GB

16GB

32GB

16GB

32GB

64GB

256GB SSD

512GB SSD

1TB SSD

2TB SSD

512GB SSD

1TB SSD

2TB SSD

4TB SSD

512GB SSD

1TB SSD

2TB SSD

4TB SSD

8TB SSD

最大11時間駆動するバッテリー最大10時間駆動するバッテリー最大11時間駆動するバッテリー

1.1GHzデュアルコアIntel Core i3

1.1GHzクアッドコアIntel Core i5

1.2GHzクアッドコアIntel Core i7

2.0GHzクアッドコアIntel Core i5

2.3GHzクアッドコアIntel Core i7

2.6GHz 6コアIntel Core i7

2.3GHz 8コアIntel Core i9

2.4GHz 8コアIntel Core i9

重量1.29 kg重量1.4 kg重量2.0 kg
¥104,800〜¥229,800(税別)

¥134,800〜¥248,800

¥368,800(税別)

¥248,800〜¥618,800(税別)

いち課長は、赤字のカスタマイズを考えています。

これだけ見るとAirのコスパの高さに驚かされますが、

同じi5やi7でも世代やコア数で性能が変わります。

「Airと13インチPro」、「13インチProと16インチPro」では

超えられない壁があると思ってください笑

まとめ

macbookと男性

私はこの13インチのアップデートを待っていたので、

購入する予定ですが、基本的にはマイナーアップデートです。

2018や2019のProやAirを持っている人は、標準モデルなら買う必要はないでしょう。

購入後はまた記事で取り上げたいと思います。

本日の記事は以上です。


ブログPCイラストYoutube
「ヒマな時間」を使って動画編集をやってみよう【YouTube】外出自粛で「何をすればいいの」という人多いですよね?本記事では「動画スキルの習得」について解説しています。スキル習得で稼ぐ力Upにもつながります。YouTubeをみるだけでなく、動画撮影して編集までやってみると人生変わります。...
YouTube動画編集
【入門】副業YouTuberのはじめ方【まだ間に合います。】YouTubeで副業やってみたいけど「どうすればいいか教えて」という人多いですよね? 本記事ではチャンネルを作るところから、収益化までの手順を説明しています。サラリーマンが気になる副業バレについても解説。YouTubeを見る側から見せる側になって、副収入を確保しましょう。...

 

サラリーマンブロガー
いち課長
月収150万超えの本業エリート×ブロガー/投資に失敗して、経済的にも精神的にも凹んだサラリーマンが『副業』『習慣』にフォーカスした“サラリーマンのライフハックをお届けするブログ。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA